九州南部に上陸した台風18号は高知県や兵庫県を通過し、日本海に抜け、北海道へと進み、各地で甚大な被害が。

勢力の大きな台風18号は九州南部に上陸し、それから 高知県に再上陸したのち、兵庫県へ再々上陸して日本海へと 抜けていき、北海道へと四度の上陸を果たしました。 幸いにも私の住んでいる所では、樹木の枝が折れたり 葉が飛散ったりはしましたが、それ以上の被害には 逢いませんでした。 ただ瀬戸内海の海沿い地域では、昼過ぎに高潮と満潮が 重なる時間に対しての警報が出てい…

続きを読む