山陽本線に貨物列車が走っていたことに、感動しちゃった。




1024貨物列車 01   _m-s.jpg

今日、国道2号線を走っていたら山陽本線を走行している長大貨物列車を
見かけました。

7月の西日本豪雨による広島県や山口県の山陽本線の線路への土砂流入や
線路道床の流出等により寸断されていて、暫くの間貨物列車が運転されて
いなかったので、コンテナを積んだ貨車が何両も連なって走行している姿を
見て、「貨物列車が走ってるなぁ~。」と心の中でつぶやきました。

山陽本線が不通の間、僅か1本の運行でしかなかったですけど、貨物列車を
伯備線・山陰本線・山口線経由で迂回運行させたり、トラックによる代替輸送
とか船舶輸送で貨物を運び続けてました。

その上、本来なら9月下旬に貨物列車を運転再開するはずだったものが、
台風24号の影響で10月半ばに延期になったりしたので、余計に嬉しい
気持ちになりましたよ。

貨物列車を見ても普段でしたら、鉄っちゃんである自分ならまだしも
一般の人なら何も感じないでしょうけど、今回はちょっと感慨深い
ものがありましたね。

当たり前のように貨物列車が走っている、いつも通りの日常であることが
どれだけ有難いかを思い知らされました。

JR貨物さん、ありがとう。











この記事へのコメント