倉敷立体工事も佳境を迎え、あと1年弱で完成みたいだね。



0301倉敷立体工事 -01   _1810-s.jpg

早いもので今日から3月です。
平成30年度の年度末月を迎えました。

来年の3月の年度末を目指して高梁川橋梁前後の国道2号バイパス
4車線化工事(倉敷立体工事)が佳境を迎えています。

以前は工事をしててもまだまだ先の事やなと思ってましたが、いよいよ
あと1年足らずで、倉敷立体工事が完成しますね。

実際、高梁川大橋の上流に掛けられている増設分の2車線の橋梁も既に
繋がっていて、大きな建造物は大分出来上がっていますから、かなり
進んでいるなという実感はあります。

今までは部分部分、それぞれの箇所ごとに行われていた工事が、橋脚に
続く高架部分の車線増設や連絡道路の工事、橋梁上の道路面の工事など、
全体で行われているので、ラストスパートをかけているような印象を
受けますよね。

以前には、過去に作っていた合流連絡道路を取り壊して、また別の箇所に
連絡通路を作るといった、一見すると無駄に見えるような工事も行いながら
地道に進めていたように思えますが、これからは完成に向って進めていく
だけのように見えます。

どぷしても一般道の通行を確保しながらの工事でしたから、ある意味
仕方のない作業行程だったんだろうと思っています。

もうあとちょっと我慢すれば、今の付け替え道路で生じている渋滞とも
オサラバできて、高梁川もスムーズに通り抜けれるようになるはずなので、
完成がほんと楽しみですね。
















この記事へのコメント