大きな被害がでた昨年の西日本豪雨から一年。



0707西日本豪雨関連記事 -01   _2997-s.jpg

昨年の7月上旬に岡山県、広島県、愛媛県をはじめとして西日本各地に
かつてない雨の量が降り大きな被害が出ました。

あれから一年が経ちました。

“ もう ” とか “ 早や ” 、或いは “ ようやく ” といった言葉は、被災された
方々お一人おひとりによって感じ方は違うと思いますので、安易に付けるのは
どうかなと感じましたので、先のような表現になってしまいました。


私は町内の大部分が浸水被害にみまわれた真備町のある岡山県の住民で、
一年前のあの時は、数日前から降り出し雨が数百ミリに達して、土砂災害や
河川決壊などの危険性が高まってホントに心配しながら夜を明かしました。

日が変わる前後には、高梁川の堤防内にある工場の爆発があったりと、
不安な夜を過ごしていました。

幸い直接的な被害はなく個人的には助かったんですけども、真備町の惨状は
皆さんテレビの報道などでご覧のとおりです。


岡山県は比較的水には恵まれていますけども、さほど水の被害に遭遇する
ことはありませんでした。

そのため、岡山県をアピールするキャッチフレーズには「晴れの国」と
謳っていたぐらいで、皮肉な結果になってしまいました。

過去にそういう被害にあまりあったことがなかったので、どこかに
「雨はそんなに降らないだろう」という意識があったんじゃないかと
思えて仕方ないです。

それをもとに想定してしているので(俗にいう想定内)小田川の河川改修
計画があっても、進められることはなかったですし、堤防が決壊する前の
小田川の河原には樹木が生い茂り、とても川とは思えない状況がずっと
放置されていました。

さすがに、豪雨の後にすぐ伐採されましたので今は1本も残っていませんが
土砂はまだまだかなりの量が堆積したままです。

どうしてもう少し早くできていなかったのかとその付近を通るたびに
思ってしまいます。


今後は、官僚の考えの及ぶ範囲(想定内)での発想による計画立案ではなく
予め災害が起きた際の被害の大きさやその地域に及ぼす影響力から判断して
災害に備える公共工事は行われるべきだと思いますね。

結局その対策を行わず被害が起きた後から、復興対策をやると費用は何倍も
膨れ上がりますからね、前もって災害対策をやっておきましょう。

その方が国民をネガティブな感情にしなくて済みますから。













この記事へのコメント