昔から発売している焼ビーフン(レギュラー)が一番好きだ。



0710焼ビーフン各種 -01   _2667-s.jpg

少し以前から、焼ビーフンの新しい味「オイスターソース味」とか
「こく旨塩味」の食べ比べをしていました。

どちらも調理をした最後に、そのタレをかけ廻して味をつけていく
タイプなので、キャベツの量を袋に書かれている必要量以上にたくさん
入れちゃう私のオリジナルな作り方とはちょっと相性が悪く、私の中では
今一歩かなという感じがしました。

袋に書いてあるレシピ通りの作り方での比較ではないので、非常に偏った
感想だとは思いますが、やはり昔から発売されているレギュラー商品の
焼ビーフンが一番うまいなという結論に落ち付きました。

それだと少々キャベツを多く入れても十分うまみも残っていて美味しく
食べられますし、ボリュームもしっかりあって私は満足しています。


いろんな味を作ってバリエーションが拡がれば、その商品ブランド自体の
パワーが高まる場合もあれば、やはり最初の商品が強すぎてなかなか
味のバリエーションが拡がらない場合もあったりしますから、何とも
難しいところですね。

でもこれもやってみないことにはお客さんの反応も分かりませんから、
新しい味を開発するのは意義があることだと思っています。














この記事へのコメント